読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみ肉

むねにくブログ用

持て余してるフラストレーション

10/20 記事へのリンクつけた。ほんとは枠引いたりしたいけどすまぽんからなのでご容赦。

前提:ぼくはプロ格DXに加入しておりますがふだんNOAHはビッグマッチや主要と思われる流れについて追っている程度で個々の選手のコメントや動向までがっつり追ってるわけではありません。したがって事実関係についておツッコミがあれば指摘していただけると非常にたすかります。



みのる選手がブロック分け決まるまでの時点で「リーグ戦に出てくれとぬかすならこっちの要求も呑んでもらおうか(要約)」的なやりとりを表でやらずにブロック分け決定後のあとあとになって有料サイトの日記で発信したというのがどうにも腑におちなくて、奥歯にキャラメルはさめながらそのへんのことを書いてみます。


それはつまるところプロフェッショナルの矜持なのだと思われ、NOAH関連でプロの矜持という点で思い返されるのがまたひとつありまして、具体的には丸藤選手がフリーになった潮﨑選手のNOAH参戦可能性について聞かれ「たとえば対鈴木軍の助っ人でということになるなら俺はリングを下ります(要約)」と発言した件です。


ほかにも色々例はあげられるはずですがNOAHも鈴木軍もプライド余計に売り渡さないようにやっている点で共通なんだと思うのにはこの2件があれば充分だと思うのですが、その観点において例外たる選手がひとり存在します。


キャプテン・ノア。
唯一かれだけがプライドと現実との相克からまるで無縁でいるように見えます。あろうことかそのリングネームを名乗りながら。抗争に関して深くコミットするような試合、コメント、そういうものがかれから発信されたことってぼくの知る限りだとまるでないと思うんですよ。これって現在のNOAHにあって極めて異常なことじゃないかと思うのですがどうでしょう。


以上、本当の敵は誰なんでしょうねえ、という話でした。


参照1: http://dx-web.gsj.bz/Diary.Index/objectEach/?oid=DIARY_10001_20151015&cid=10001
参照2: http://www.daily.co.jp/ring/2015/10/11/0008473229.shtml