読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみ肉

むねにくブログ用

9/17

いきなり長文を書こうとしても纏まらないし、それで結局やけっぱちでも表に出してみようという気すら起こらなかったものに5時間かけたりしたので(内容はVMと全日の関係を推測するもので、羽村に出るのはプロデューサーが団体じゃないからだし今後の参戦はないだろうというもの)書けるものから書こうって思いました。



Evo軍の武装化の話。


パフォーマンスって情報の受信者視点のほかに発信者視点があって、どういうパフォーマンスをやるかということは発信者の個性の反映でもある。


例えばシナンジュを彷彿とさせるオーバーマスクはダメ、とか猫耳+メイド服+サブマシンガンはOK、とか、個々人によって許容ラインには違いが存在する。


そんな中で3人が3人(+1人いて事後承諾的に)OKを出したものであるって点で武装化にはちゃんとユニット活動としての意味があるのであって、外面だけ見てオモチャだのコント集団だのと切り捨てるのは考えが浅いんじゃないか、と思う。


同時にEvo軍は個人間の差異を充分認識しているってことも導けるし、大阪大会での秋山社長のコメントはかれがその点を把握できていないことを示している。


ぼくはそもそも「閉塞感」ないし「派閥闘争」に対してバーニング勢が論点を(把握したうえで意図的に)ずらしている様子がコメントから見受けられることや単に論理的整合性を持たない部分が見受けられることが非常に気になっていて、その傾向を各大会のコメントと照合しながら纏めようとしてできずにいる。それがすっごく悔しい。